Day3-2:記事を投稿する【トラックバック活用法】

まずトラックバックとは何か??? もともとは、他のブログの記事を読んでそれに関するコメントや感想などを自分のブログの記事として投稿する際、その他のブログの作者に「あなたの記事を参考にこんな記事を書きましたよ!だから是非見に来てください。」って通知する機能なんですね。方法は↓下の方で説明しますね。

でも最近では記事に何も関係ないのに、単なるページの宣伝のためだけのものや、アダルト系などのトラックバック(TBとかトラバとも書きます)が自分のブログにたくさん来て困るという方も多いようです。

こういうのを「スパム」といいます。迷惑なのでゼッタイにしないようにしましょう。

私は記事を投稿するときにはやはり私のブログの記事について広く知って欲しいので3〜5ヶ所ほど毎回ではないですが、トラックバックさせていただきます。まぁ、ちょっとした営業活動です。

でもやはりスパムはよろしくないので、トラックバックする相手のブログは必ず関連記事であること、関連したジャンルのブログであること、「トラックバック歓迎」をブログ上で明記していること。これらを確認します。

そしてもっと堂々とトラックバックできるところがあります。

それが「トラックバックセンター」と呼ばれるところです。

いろんなブログから特定の話題について記事を更新したときにトラックバックが寄せられるサイトです。とくに誰かのブログではないので怒られることも少ないです。

逆に、ある特定の話題について他の人のブログを読みたいなぁという人はこういうページで興味のある記事を探していることも多いです。つまり、あなたの記事に興味を持ってアクセスしてくれる人を獲得することができるのです。

トラックバックをすることであなたのブログへのリンクが増えるのでアクセスアップや検索エンジン対策にもなるようです。

では、トラックバック送信の方法を説明しますね。

ここではトラックバックセンターのひとつである「日本ブログ村」を例にします。

1.まず自分の記事(ブログ)に関係のある話題を探します。

・画面上部のメニューの「トラバ」をクリック
・あなたの記事に関連のあるキーワードで「トラックバックURL検索」します。
・検索結果の一覧が出ますから、さらにその一覧から最も関連のあるものを選ぶ。

2.トラックバックURLがそれぞれ書いてありますのでそれをコピーします。

3.最後に自分のブログの記事投稿画面へ戻り、「トラックバック」のところに今コピーしたURLを貼り付けて終了!

この他、いろんなトラックバックセンターがありますからいろいろ探してみてください。(検索エンジンで簡単に見つかりますよ!)そしてトラックバックURLを探してコピー&貼り付けです。

この検索を毎回するのはちょっと面倒なので、あなたのブログの記事で書きそうな話題のトラックバックURL一覧表をメモ帳に作成しておくと大変便利です!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13451921
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。